TOP福祉制度

このカテゴリーの記事


 
スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
巡回児童相談
カテゴリ:福祉制度
昨年作成した療育手帳。再認定のため巡回児童相談に行ってきました。
しばらく待ち時間あったけど…。おもちゃの宝庫。飽きることなく遊んでました。待ち時間の間に発達検査。認知から言語・社会性などなど必要なこと遊びを通して検査されました。あとはママとパパにあかりっぺの状況を聞かれました。
結果は、B-2だけど、障害手帳持ってるからB-1になりました。ずば抜けて言語・社会性は成長してるんだって。あとは認知が少し苦手みたい(-.-;)。
のんびりいきましょう。
ちなみに次の更新は2年後になりました。

成長ぶりをびっくりされました。
スポンサーサイト

 
リクエストにお答えします~制度のお話~
カテゴリ:福祉制度
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m。
コメントの中から『制度の経緯』とリクエストがありました。そのお話してますね。お役にたてて光栄だし、検索でここがヒットすることがびっくり(・◇・)?だし…でも嬉しいですね(≧∇≦)。

じゃはじめます。



あかりっぺが何故福祉制度が必要になったかは…『保育園』です。ワーキングママにとって、子どもの預けることが必要でした。始めは「早産で生まれたために発達が遅れてる」と伝えたのです。受け入れは「健康な子どもたちの中で育つこともある。また健康な子どもにとっても良い影響がある」と園長先生が引き受けてくださいました。

でもね。限界がありまして、保育園から『加配をつける=マンツーマンで先生をつける』ことがあかりっぺには良いのでは?とのことでした。
加配は…特別児童扶養手当・療育手帳・障害手帳のいずれか1つあれば大丈夫です。

基本的に療育手帳・障害手帳は3歳になってからと言われてます。←役場や療育センターでは言われて取るのに時間を要しました。

特別児童扶養手当は…療育センター(発達やリハビリをされてる病院)で診断書を書いてもらいます。←診断書料が発生します。


診断書と郵便局のママかパパの通帳及び印鑑・所得証明書をとって市町村役場で申請します。申請された書類は都道府県で審査され、審査が通ったら証書が送られて市町村役場に受け取りに行きます。
再審査も必要だし…年1回現況届け出も必要です。

ちなみにあかりっぺは1歳8ヵ月で申請しました。障害手帳を申請する前に必要みたいです。


★療育手帳
児童相談所で発達診断をして診断されたら…市町村役場で申請しました。

障害手帳はこのブログの『福祉制度』のカテゴリーから検索してみてくださいね。


補足のある方はコメントで補足お願いします。

 
何のために(ぼやき)(-_-#)
カテゴリ:福祉制度
あかりっぺは、いろんな福祉制度を利用させていただいてます。はじめは、受け入れたくない気持ちもありました。『障害児』って認められた。なんとも言えない複雑な気持ちでした。
でも…あかりっぺが成長していく上で必要な制度でした。保育園でマンツーマンで先生をつけること。2次障害を予防するうえで装具や椅子など利用させていただいてます。

そのたびに役場の福祉課さんでお世話になります。

でもね…。あまりの対応の悪さにママは呆れてしまいました。
今回は、療育手帳の再判定のために年末に児童相談所の面接の予約にいきました。

直接児童相談所に行けば良いけど…遠方のため、移動相談を利用させてもらってます。

相談所や役場が言った通りに手続きをしたのです。
が…役場の手違いで予約は取れず、1ヶ月延ばされたのです(`o´)。それも…ママの手続きが悪いみたいな言い方されて…ママはぶっちぎれ(`o´)。
それでも謝罪ではなく言い訳p(´⌒`q)。

その道のプロなら、もう少ししっかり対応できないかな?
行く度にこの対応じゃ…。さすがにママも…。


申請するのも…相談に行くのも、勇気や切羽詰まって行くのに…
あーあ。言えばきりがないのでこの辺でぼやき終わり。


めけずに…ママは頑張りまっす。

 
補助券が届いたぞ!!
カテゴリ:福祉制度
テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児
役場から・・・車椅子と座位保持装置の補助券が届いた・・・・。
約1割程度の自己負担で済みそう・・・・・
業者に連絡して・・・
間に合えば・・・次回の療育センターの日に受領って形になりそうです。

 
障害手帳が届きました。
カテゴリ:福祉制度
テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児
6月に申請していた障害者手帳が手元に届きました。
変化が(成長の可能性)あるとのことで、1年限定ものです。
あかりっぺは・・・疾病による両上下肢機能障害で各2級→1種ー併1級です。
障害児と認定されたのはちょっと複雑でしたが・・・パパとこれが軽くなるように。。。できれば消滅できるようにできるだけのことしようと誓ったのでした。
でも・・・いろんな援助を受けられる。メリットもあるのでいろいろ勉強してあかりっぺのためになることを利用していこうと思います。
まずは・・・バギーと座位補助具かなぁ???

手続きは面倒でしたが来るのに2~3ヶ月かかりました。普通3歳以上なんですって!!装具とか必要になればそれ以前に取得できるらしいです。

まずは、療育センターで診断書を書いていただきます。(費用がかかります)
そして・・・役場で申請→受領といった流れです。(間違っていたらごめんなさい)
そのほかにも重度障害者医療費助成受給資格者の認定まで済ませました。

今日は、保育園であかりっぺは同じ年のクラスにお邪魔して一緒に積み木遊びをしたそうです。(ず~とお願いしていました。発達の先生も大事なことと言われていたので・・・)
おもちゃの取り合いで大泣きしたらしいけど・・・楽しそうに遊んでいたそうです。同じ年の子との交流もいろんな刺激があってプラスになってくれることママは信じています。最近になって一生懸命関わっていただけるようになりました。ベテラン先生に相談してよかったです。

 
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。